水着の女性2

レーザー脱毛の施術を受けた後に運動しますと、肌にトラブルが生じてしまう傾向があります。痒みや赤みのトラブルが生じる事が多く、施術後は3日程度は運動を控える方が無難です。ヨガのような軽い運動も、控える必要があります。

ちなみに施術後だけでなく、施術前に運動するのも禁物です。なぜ運動を控えるべきかと言うと、施術後の肌はデリケートだからです。

レーザーの施術による肌のトラブルとその原因

脱毛の施術を受けた後は、肌トラブルが生じる確率は比較的高いです。肌が赤い色になってしまったり、非常に痒くなってしまう傾向があります。その原因は、施術による熱です。クリニックが肌にレーザーを照射する目的は、毛根部分のダメージです。

その箇所にレーザーが当たると熱が生じて、毛根部分は破壊されます。ですからレーザーによる施術を何回か続けていると、徐々に体毛も生えなくなる訳です。ただ問題は、そのレーザーによる熱です。毛根部分で熱が生じるのは、肌とも無関係ではありません。

ところで夏の時期には、肌に対応の強い光が照射されますと、赤みを帯びてしまう場合があります。太陽の光が肌を刺激する事で、自然と赤みを帯びてしまう訳です。レーザーも同様です。太陽の光と同様に、肌周辺で熱が生じる訳ですから、施術後に肌が赤くなってしまう場合があります。

肌が赤くなるのを防ぐ為に、多くの脱毛クリニックでは肌を冷却しています。クリニックによっては、肌にレーザーを照射すると同時に、冷却している事もあります。ですから施術を受けた後は、体温を高めるのは禁物です。

せっかく脱毛クリニックで肌を冷却しても、無意味になってしまいます。

体温が高まるので運動は控える

ところで運動しますと、自然と体温も高くなってしまいます。数分間ほどジョギングすれば、体が自然と温かくなります。体温が高まるのは、メリットもあるのです。温度が高まる事で、自然と体の血行が良くなりますから、体調が良くなる事もあります。

しかしレーザーによる施術を受けた後は、話は別です。脱毛の施術を受けた直後は、体を温めるべきではありません。では、温めるとどうなるかと言うと、上述の肌トラブルが生じる確率が高まります。施術を行ったパーツ周辺の肌が赤くなり、見栄えが悪くなる事も多いです。

痒みもあります。

施術後は雑菌類によるトラブルが発生しやすい

もう1つ問題があって、空気中の雑菌類です。空気中には、目に見えない雑菌類が多く飛び交っています。中には、体に悪影響を及ぼしてしまう菌類もあります。ところで運動をしますと、汗をかく事も多いです。その汗が、雑菌類を呼び寄せてしまう訳です。

雑菌類によっては、毛穴から入り込んでしまう事があります。ただ雑菌類が入っても、普段なら問題無い事も多いです。特に体がデリケートな状態でなければ、雑菌類に耐えられるからです。ところがレーザー脱毛の施術を受けた後は、話は大きく異なります。

レーザーの光が照射されると、肌は大変デリケートな状態になります。雑菌類による悪影響も受けやすくなる訳です。それで肌に炎症ができてしまう事もあるので、運動は禁物です。

ヨガのような軽い運動なら問題無いか

ただし運動にも、色々あります。ヨガなどの運動は、あまり体を動かしません。比較的軽い運動ですし、人によっては脱毛後にヨガを行っている事もあります。ですが、ヨガも禁物です。そもそもヨガのような運動をしても、汗をかく事はあります。

汗をかいてしまえば、やはり肌にトラブルが生じかねません。実際、施術後にヨガで体を動かしてみたところ、施術を行ったパーツ周辺が痒くなったという実例もあります。ですから施術後は、軽い運動も禁物です。

プールを控えるべき理由と雑菌類

また人によっては、普段からプールに通いつめている事もあります。確かにプールで適度に体を動かせば、良い運動にはなります。しかし脱毛後にプールで運動するのは、控える方が望ましいです。それには主に2つの理由があります。

1つ目は雑菌類です。プールという設備は、多くの方々が利用しています。夏の時期にプールに行けば、混雑している事も多いです。人が多い場所ですと、どうしても雑菌類の数も多くなる傾向があります。上述の通り、施術後の肌はデリケートな状態なのですから、肌にトラブルが生じてしまう確率も高いです。

ちなみにプールには、消毒用の塩素も入っています。しかし塩素が入っているプールでも、雑菌類は十分多い状態ですから、肌にトラブルが生じる確率も高いです。

塩素の刺激が強すぎる

もう1つの理由は、その塩素による刺激です。塩素による刺激が強すぎて、肌にトラブルが生じる可能性もあり得るからです。ちなみに塩素が入っていると言っても、施術を受けていない状態なら、特に問題ありません。いつも通りの肌の状態なら、たとえ塩素が肌に触れたところで、それほど大きな悪影響も生じないからです。

しかし脱毛の施術を受けた後は、肌が日焼けした状態に近くなっています。その状態で塩素が肌に触れてしまうと、トラブルも生じやすくなる訳です。

施術を受けてから何日後なら運動しても良いか

ではレーザー脱毛の施術を受けた後は、何日程度は運動を控えるべきかと言うと、3日程度です。施術を受けてから3日間は、まだ肌はデリケートな状態になっています。

肌が落ち着くのは、多少時間がかかる訳です。ですから施術の当日に運動するのは控えるべきですし、翌日に運動するのも好ましくありません。3日程度は、控える必要があります。理想的には1週間です。7日ぐらい経過すれば、だいぶ肌の状態も落ち着いてきます。

ですが普段から運動を習慣付けていると、1週間も控えるのは現実的ではありません。ですから3日程度が1つの目安になります。

「レーザー脱毛に打ち漏れはある?照射漏れが起きた時の対処法とは」

施術を受ける前も運動は禁物

以上の点を踏まえると、脱毛後に運動するのは好ましくありません。それは脱毛前も同様です。ですから脱毛クリニックに行く直前に運動をするのは、望ましくありません。その理由は、やはり熱です。運動すれば体温も高まる訳ですが、そもそもレーザー脱毛の施術は、体温が正常な状態なのが前提になります。

体温が高い状態を想定している訳ではありません。なぜなら温度が高いと、レーザーによるトラブルが生じやすいからです。そもそも運動していなくても、人によっては施術で肌にトラブルが生じてしまう場合があります。赤みや痒みなどは、起こり得る訳です。

体温が高い状態ですと、そのような肌トラブルが生じる確率も高まってしまいます。ですからレーザー脱毛の施術を受ける前後は、運動自体を控える方が無難です。